とある地域でマンション全面改修工事②(ハガオレタ)

2020/03/23

こんにちは。

大久保です。

 

さぁ、現場は無事にスタートしました!!

今回の現場にはクリアしないといけないミッションがたくさんあります。

おっさんのプチベテランリフォーマーもどきでも厳しい難所の数々。

あまりのストレスで寝ている間の歯軋りでハガオレタ・・・。

このままいくと次は頭皮ですかね・・・。

剥げたら会社は労災認定してくれるのかな??

剥げ・デブ・歯抜け・・・もう嫁は来ませんね( ;∀;)

 

冗談はさておき現場の紹介です。

まず最初の難所は『斫り』です。

建築に従事されてない方には聞きなれない言葉かもしれません。

いや読めないかもしれない言葉です。

『はつり』と読みます。

語源は木などを削る道具の『斫』からで、

削る事に繋がって建築現場では削る事を『斫る』と呼ぶようになりました。

現場ではコンクリートなどの石系のモノを壊したり、穴を開けたり、削ったりする際に使われます。

今回の浴室やトイレの土間はタイル・・・、そして水回りの大半の間仕切りはブロック・・・。

いやいや大変そうだ・・・。上記対応のオンパレード!!

何が大変かというと壊すのもですが、『騒音』の問題があります。

近頃はにっくきコロナの影響で、自宅での在宅ワークも増えてますし、

小さいお子さんを育ててる方も、リタイアして日中家にいる方も・・・と、

昼間と云えども騒音は住まう方々への結構な敵になってしまいます。

集合住宅は繋がっていますので振動音が伝わりやすく、

そういった問題がより現れやすいのです。

問題対処の為に、事前に近隣住戸への通知を徹底したり、

工法を少しでも音の出にくい方法を採用するなど色々あります。

そこまでしても問題出る可能性あるので私の場合は現場『常駐』です。

問題起きたらすぐ対処出来る対応を念頭に行います。

そこまでの準備のおかげか、聖人君子並みの私の日頃の行いのおかげか

特に大きな問題は起きず無事『斫り』あげる事が出来ました♪

 

そんな初日から石部のおおまかな解体完了の2日目までをご紹介させていただきます。

いるだけで偉そうにしてると、色々な非難出るので私も作業員(ショッカークラス)なります。

基本的には小間使いが私の役目です・・・(´;ω;`)

 

【養生】

上の養生写真は途中です。

もちろんすべての通路をしっかり養生をします。

その他、ごみや資材を置く可能性高い箇所には固い養生も!!

お施主様の家はもちろん、大切な皆さんの資産に傷を付けない配慮です。

 

【施工スタート】

こんな感じで壊していきます。

彼の名は『クラッシャーT』・・・ライバルにアブドゥーザ・ブッチャー!!とかいそうです。

私と同級生ですが、通り名のイメージ通り頭の中は昭和です。

しかもかなり初期の・・・、基本演歌や昭和歌謡の名曲が頭の中に流れているはずです。

義理人情に厚く、キレやすい・・・寅さんみたいな『漢』です。

今回のマンションは『THE昭和』だったので昭和な彼に依頼をかけました。

いや嘘です。確かな腕をもってるからの依頼ですからね!!

本業は設備工です。

こういった解体は配管壊さないように設備知識も必要なので大変な作業ですから、

信頼のおけるTさんに仕事を依頼しました。

 

結構壊れましたね。

 

2人で一日でこんなもんです。

土嚢袋に詰めつつ、通り道の壁拡張をしたのは私です。

おかげで手が震えてしまい、帰社後のデスクワークに支障をきたしました。。。

 

【2日目】

昨日からの続き

入口周り含め大分すっきりしました。

 

私も作業していたので途中写真は割愛。

2日目は2人追加で計4人。

合わせて6人でここまで壊しました。

 

いやぁ疲れました。。。

皆さんよく解体代やごみ代の見積もり高いと言われますが

実際のこの作業やごみを見ると謝られることあります。

それほどに大変な作業なのです。

皆さん解体をされている方を労わってくださいね!!

壊すことも改善には必要な事です。

とても大切な仕事に従事されていますから。

 

次回は『鬼のゴミ出し編』!!こうご期待??

ではまた。

 

大久保

 


お問い合わせはこちら

受付時間 9:00~17:30

定休日 日・祝・第3土曜日

tel.0120-616-881

株式会社ハウズ 一級建築士事務所 住所:東京都武蔵野市八幡町2丁目2-2

しつこい勧誘はありません!

お問い合わせ