• トップ
  • 新着情報
  • とある地域でマンション全面改修工事⑥(本工事スタート編)

とある地域でマンション全面改修工事⑥(本工事スタート編)

2020/04/20

こんにちは。

大久保です。

 

本格的な工事がスタートしました。

待ちに待った本篇の幕開けです!!

えっ誰も待ってなかったって・・・まぁそう言わずにお付き合いくださいな<(_ _)>

 

解体や搬入など事前の準備は全て完了しました。

これからは見た目は年上、でも年下の大工さんの言いなりになる毎日が始まります。

朝は肩もみから始まり、施工中のよいしょ、お昼ごはんの配膳、3時のおやつ出しに腰のマッサージ・・・

綺麗な女子にだったら喜んで♪ですがちょっと太〇なおっさんにでは・・・。

とにかく休む暇なく対応をし続けます。

 

並行して配管や配線もしないといけないので基本的に施工中はどこも気を抜けませんが、

特にこの開始当初はとても大事な『工程管理』になりますのでより細心の配慮が必要になります。

ここを間違うとあとで設置設備の対応出来なかったり、他業種の配管経路なくなってっしまったりします。

今日は各々の職人の皆様方に仕上りイメージと他絡みを理解してもらうべく現場に足繁く通います。

では写真でご紹介を!!

 

【下地作りスタート】

 

先日墨出ししたラインに合わせ下地を作っていきます。

ここを間違えると後で設備が納まらなくなります。

そうなったら私は『THE END』でこのブログ閉鎖を余儀なくされますで御座います<(_ _)>

 

【牢屋】

悪い事をした私の折檻場所です。

部屋を間仕切る壁材を貼れるように。

そして必要な電気配線などを埋め込めるように囲います。

 

【自分の仕事ぶりに感心する大工】

早く次にいきましょうね!!

 

【排水配管工事】

 

一人前の設備屋として認められるようになるのは

この『排水配管』が出来るようになってからです。

新築メインの今の若い設備屋さんだと古い住戸リフォームの場合給水系統含め出来ない場合あります。

今の給水や給湯はワンタッチ接続の時代なのでそれほど難しくはありません(私は出来ませんが!!)。

旧来の鋼管の給水技術をもちつつ、

現況と改修案に合わせた排水経路とる為にはほんと~~にっ!!知識が欠かせません。

さすが昭和時代を生きてきた男だけあって彼は経験豊富です。

ですので安心してお任せ出来るのです!!

これで独り言なければ最高なのですが・・・(-_-;)

 

【ふてくされるガス職人さん】

大久保の直前の仕様変更が気に入らず・・・(-_-;)

嘘です。仕様変更に関する材料問い合わせなどしてくれています。

私のイメージを即座に理解し、+αの提案までくれたナイスガイです!!

惚れそう・・・いや私にその気はありませんから。。。

 

配管の交差も無事問題なく完了しました。

さすが大久保が指揮する現場だけの事はあります。

今回は床ふところスペース少ない為、この部分には大分頭を悩ませました。

無事に施工できほっと一安心といったところでしょうか!?

 

【施工完了】

間仕切り下地も増え、大分イメージはっきりしてきました。

 

浴室・洗面・トイレ・洗濯機置き場の配管がほぼ完了しました。

排水の流し試験も無事完了。

あとは設備設置してからの同時排水の時の状況確認など残すのみです。

 

現場も大分進んできました。

今のところは彼女?嫁探し??以外はほぼ設計通りに進んでいます。

私の人生をよくする設計をしてくれる人はいないのかな( ;∀;)

さぁそろそろ真っ暗な部屋に帰るとしますか・・・。

 

ではまた。

 

大久保

 


お問い合わせはこちら

受付時間 9:00~17:30

定休日 日・祝・第3土曜日

tel.0120-616-881

株式会社ハウズ 一級建築士事務所 住所:東京都武蔵野市八幡町2丁目2-2

しつこい勧誘はありません!

お問い合わせ