【文化・スポーツ支援】

2021/10/18

地域社会とのコミュニケーション及び共生ということで、地域の各団体に加盟しており、そのひとつに武蔵野市バドミントン連盟があります。
バドミントンは弊社代表岩井をはじめ初期スタッフの共通の趣味であったため、これを生涯スポーツ事業として定めて健康の増進・維持の目的のため推奨及び支援を行っております。
創業当時は東京都実業団や三多摩実業団に加盟しており、東京都実業団は1部リーグから7部リーグで構成され(現在は5部リーグ)、1部リーグはNTTの桃田選手(東京オリンピックでは金メダルを期待されていた)のような日本のトップ選手が活躍するリーグでした。その中でハウズは最高2部リーグまであがったこともありました。

今回は武蔵野市民体育大会・体育祭バドミントン大会をコロナ対策を講じながら1年半ぶりに開催し、女子ダブルス1部に弊社専務柳本も出場しました。大会理事も選手も久々の大会に大いに満足したようでした。

PAGE TOP